FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

グレシャムホテル(イギリス・アイルランド旅行37)

 8日目となるこの日は7時半起床。スープ+パン4枚+ヨーグルトの朝食を取り(料金は5ユーロ)、8時40分頃チェックアウトした。ちなみに、チェックアウト時はわざわざ受付窓口に出向く必要はなく、カードキーを室内に置いたまま出ていけばOK。大学正門と敷地内の徒歩移動には若干難儀したが、良い思い出になった。
 ダブリンには4泊したのだが、うち2泊を大学寮、残り2泊はダブリンを代表する老舗ホテル「グレシャムホテル」としていた。最近は、同じ都市に滞在していても複数のホテルを使い分けることとしており、今回も決して例外ではない。幸いにも両ホテル間の距離は徒歩10分程度であったので、特段の支障なくスムーズに移動。荷物を預かってもらってから観光に出掛けた。
 このホテルの印象は特に残っていない。何が良かったという点もなければ、特に悪かった点もない。強いて挙げるならば、20時頃に突然部屋に電話を掛けてきたこと位であろうか。丁度シャワーを浴びていたので電話に出ることができず、(電話での英会話が苦手なので)その後フロントに行ったのだが、要件は「何かご不便はありませんか?」という確認であった。これまでも幾度かあったが、この確認電話はびっくりするので止めてほしい。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1592-aa28b932
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)