FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

印象に残る博物館(イギリス・アイルランド旅行40) 

 ギネス工場にはついつい長居してしまい、結局13時過ぎまで滞在。遅くとも午前中までには切上げるつもりでいたのだが、ついつい長居してしまった・・・。欧米の観光施設を訪問すると、東南アジアのそれに比べて滞在時間が長くなる傾向が強い。時間管理の観点からは注意が必要である。
 一度ホテルに戻ってチェックインを済ませた後は、徒歩でリフィ川沿いにある「飢饉博物館」に移動。19世紀に「ジャガイモ飢饉」という大飢饉に襲われたアイルランドの大事件に関する資料館であり、復元された当時の船舶内をガイドと一緒に回る形式である(料金は10ユーロ)。
 この博物館は、今回旅行で訪れた中では最も印象に残った博物館であった。その主な理由は、事前に予習していたこともあって英語が聞き取りやすく、また見学には十分な時間が充てられたこと、かつ船舶内はかなり忠実に当時の様子が再現されていたことである。比較的地味なツアーかと思いきや、ツアー参加者が30人を超えていたことも十分納得できる。
 そしてもう一つ印象に残っていることは、晴雨が数十分毎に繰り返されたことである。この1日で10回近く変わったのではないか。傘を差したり畳んだりが面倒であった・・・

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1595-71cd085b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)