FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

日本人グループとの遭遇(イギリス・アイルランド旅行43) 

 マラハイド城はツアー形式の観光であり、私は9時45分開始のツアーに申し込んだ。
 ツアーには十数名が参加し、その中には日本人4人組も含まれていた。ツアー途中で日本人であることは気づいていたが、別段声を掛けることなく45分間のツアーは終了。ちなみに、城内の見学はなかなか興味深く、ダブリン訪問時のエクスカーションとして訪れて損のないスポットである。加えて日本語のパンフレットがある点も高評価である。
 その後はマラハイド中心部をのんびり散策し、12時発のマラハイド発の鉄道でダブリンに戻った。駅舎の逆側には先の日本人4人組が別の電車に乗っていることが確認できたが(ダブリン方面に行く鉄道)、おそらく彼らはダブリンではない別のエリアに行くのだろうと考え(ダブリンであれば私の乗車した電車の方が早く到着するため)、さして気にも留めなかった。
 驚いたのは、それから2時間ほど経過したクライストチャーチ大聖堂において三度彼らを見つけた時である。まず、彼らはダブリン行の一本遅い電車に乗ったであろうことが判明。これによるロスはせいぜい10分程度なので、別段大した話ではない。だが、マラハイド城を訪れた後、約2時間後に数多くのダブリンの名所の中の一つで偶然日本人同士が遭遇するとは・・・。しかも、ここはロンドンやパリではなく、(多少の日本人観光客は居るものの)日本人観光客が少ないダブリンである。日本人グループ側もさぞ驚いたことだろうが、さすがにこれを最後に会うことは二度となかった。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1598-11653101
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)