FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

スターリングポンドの通用度(イギリス・アイルランド旅行55) 

 前述の通り、イギリスの中でも北アイルランドは「スターリングポンド」という所謂地域通貨が流通しており、無論これらは北アイルランド内では普通に流通しているのだが、ロンドンなどイングランド地方では使用できないケースもある旨は事前に聞いていた。ガイドブックなどの書きぶりから受けた印象は、小さな商店やカフェでなければ使えるだろうと考えていたのだが、実際には大きく違った。
 この日に私が使用した場所は3箇所。まずは前項で紹介した朝食を取ったカフェでは普通に使用できた。この時点で大部分の店舗や施設で使用可能であると思ったのだが、次の大英博物館でオーディオガイドを借りる時に使った際に拒否されたことは大変意外であった。博物館=公共施設であり、ここですら使えないという事実こそが、イギリス国内におけるこの地域通貨の位置づけを象徴していると言えなくもない。
 そして最後は、この日のミュージカル鑑賞後に訪れたホットドッグチェーン店。ロンドン中心部の中でも賑やかな通り沿いにあったので使用できるかと思ったが、やはり拒否された。
 ロンドンにおける使用の可否について一定の基準や法則があるのかどうかは定かでないが、いずれにしても使えなかったスターリングポンドは現在私の紙幣コレクションとして保存されている。。。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1610-1103c92e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)