FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

中途半端なバスターミナル(UAE・オマーン旅行36)

 チケットはゲットしたが、ここで受付係員から1つ気になる話を耳にする。というのは、このバスターミナルは空港とルイを結ぶ大通りに面しており、当然帰路は向かい側に渡る必要があるのだが、この通りはひっきりなしに車が往来し、この中を横断することは難しい。従って、必然的に歩道橋を利用せざるをえないのだが、その歩道橋はかなり離れた場所にあるため、かなりの距離を移動することになるとのこと。いやはや一難去ってまた一難である。
 係員は、まずこのバスターミナルから発車するバスに乗り、途中の○○というバス停で下車し、そこからルイ行のバスに乗ることを勧めてきた。大変親切ではあったのだが、これは旅行者の心理をわかっていないアドバイスである。乗換えは様々な混乱を招く可能性が高い行動であり、たとえ大変であっても間違えるリスクの少ない徒歩移動がベストチョイスであることに疑いはなかった。
 結局、その歩道橋までたどり着くのに10分歩き、歩道橋を渡ったその近くにバス停を発見。そしてこのバス停こそが、前日ドバイから乗車した国際バスの降車ポイントであった。ここ至ってようやくこの周囲の地理感覚を完全に理解できるようになった。
 ちなみに、翌日はアサイババスターミナルまでバスで移動したのだが、アサイババスターミナル付近にバス停は存在せず、この歩道橋近くのバス停又は前日夕方に私が下車したバス停が最寄りとなるため、どちらにしてもバス停からアサイババスターミナルまでは10分ほど歩くことになる。アサイババスターミナルの大きさ・案内版・立地など全てが非常に中途半端であるという点について、大いに不満である。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1653-080cf8b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)