FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

ガイドかツーリストか(UAE・オマーン旅行54)

 ガイドと聞いて旅行会社に所属するガイドを想像してしまった私の勇み足だったのか。彼は城内で1~2分概要について話してくれたものの、その後は単に私の後を付いてくるばかり。あたかも2人で1時間一緒に観光しているかのような雰囲気になってしまった。
 仮に、解説や案内板がアラビア語のみであれば通訳の役割が期待できたのであろうが、あいにく全ての解説はアラビア語と英語が併記されていたので、通訳も不要であった。唯一一緒に居てくれて良かったと感じたのは、写真を撮ってもらう時であろうか。
 いずれにしても、これならば車内で待っていてくれた方が私としては何かと気が楽である。見学中何度か彼に「車に戻っていて良いよ」と促したが、彼は「ツアーガイドとして来ているので一緒に行くよ」と言うばかり。この時になってツアーガイドに関する認識に大きな隔たりがあることを知った。だが、今後彼のことは「ガイド」と表記して話を進めていきたい。
 続いて向かったのは、世界遺産に指定されているバハラフォート(入場料は0.5OR、ここではガイドの入場料も取られ、2人分で1OR)。この城は先のジャブリン城よりも遥かに大規模であり、城内で容易に迷子になるほどであったが、世界遺産であるにもかかわらず展示や解説の類はほとんどなかった(先のジャブリン城は展示や解説が多少あった)。加えて、ガイドもバハラ城に来たのは初めてらしく、気づけば約1時間半の間、二人して完全に観光客として見学を楽しんでいた。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1671-ff846745
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)