FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

暗黙のルールか(UAE・オマーン旅行80)

 マスカットからドーハまでのフライトを無事終え、ボーディングバスで空港ターミナルビルまで移動中のこと。多くの乗客はボーディングバス内で立って移動することになるが(少なくとも私は毎回立っている)、幾つか座席も設置されている。
 この時私はかなり早めに機内から出られたことで、私がバスに一番乗りという状況となった。無論、座席が空いていたので座ることはできたのだが、別に疲れているわけでもなく、かつピンと来たので座らずに適当なポジションを見つけて立ち続けたところ、最終的にそれらの席に座ったのは全員が女性であった。
 これまでほとんど意識したことがなかったので確たることは言えないのだが、中東の空港ではこうした場合において暗黙のうちに女性優先というルールがあるのか、それとも世界標準(これも女性や高齢者などが最優先であることには変わりないが)が適用されるのか、仮に男性が座ってしまった場合には、マスカットからニズワ行のバスのように立つように促されるのか。細かいことだが、各国の慣習やマナーに関する認識をしっかり持っておくことは、旅をスムーズにかつ気持ちよく進めるためのキーになるだろう。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1698-988fed1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)