FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

現金盗難(UAE・オマーン旅行82)

 気づいたのは、無事帰国して荷物整理をしている時であった。あるはずの現金がない。被害額は120米ドル+コレクション用に確保しておいたAED札とOR札で、日本円に換算して約1.8万円。旅行中に全く使っていない20米ドル札や10米ドル札がないのであるから、こちらの間違いではなく100%事実であった。
 金銭的な損失も去ることながら、コレクション用紙幣の盗難は、個人的には現金10万円盗られるよりも痛い。無論これについては対策しており、こうした事態に備えて同じ金種は2枚ずつ持ち帰り、かつそれぞれ別のバックに入れていたので、結果的には初めてこの対策が功を奏したことになるが、やはり残念でならない。
 まずなぜ盗まれたのか。それは大バックには常にカギをかけていたのだが、小バックはカギを掛けずに部屋に放置していた時があったからである。具体的には、朝夕の食事時は手ぶらで外出しており、その時に小バッグにカギをかけずに放置していたのである。こうした状態はここ数年続いており、これまで被害に遭わなかったことは単にラッキーであったに過ぎない。
 次にどこで盗まれたのか。ニズワの1泊目の部屋で手持ち現金残高の確認を行っているため、可能性のある場所は2箇所である。一つはニズワの2泊目の部屋、もう一つは最終日に宿泊したマスカットのホテルである。そして場所はこの2つに絞られた時点で、どちらが怪しいかは明白であった。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1700-0391dbd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)