FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

高い言葉の壁(チリ・オーストラリア旅行4)

 JAL便の到着は第3ターミナル。ここから第5ターミナルに移動するまでの順路は確認済であり、かつ乗継時間が6時間以上あったので何ら問題はなかった。問題があったのはやはり言葉の壁であった。
 ターミナル間の連絡バスに乗車しようと思い列に並ぼうとしたところ、隣接する2つのゲートに各2~3人ずつ並んでいるのを目にした。一番近い方のゲートに並ぼうとしたところ、係員から「あちらのゲートに並べ」との注意。この係員は何か理由を言いながら私をその列に誘導しようと試みているのだが、早口であったこともありこの時点で私の理解度は0%。とりあえず手振りのみで並ぶ列が違うことだけはわかったので、指定された列に並び直した。
 その後様子を窺っていたところ、私が最初に並んでしまった列は身体障害者や妊婦のための優先搭乗者用の列であったことが判明。係員はそのことを私に説明して一般用の列に並ぶよう伝えたのだろう。
 まず、私が並んだ時点で2~3人しか並んでおらず、かつこのゲートにそれがはっきりわかる目印は確認できなかったので、間違えたことは仕方ない。また、無論この係員の注意自体が不快だったわけでもない。むしろ、理解度0%であったため無言で立ち去ったことに若干の申し訳なさすら感じた。そして強く感じたことは、私のリスニングの力が益々落ちているという点。日々それなりにトレーニングしているつもりなのだが、成長するどころか逆に衰えているかもしれないことを知り、大変ショックであった。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1705-caa4e985
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)