FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

地味な歴史遺産(チリ・オーストラリア旅行10)

 地下鉄に乗ってまず向かったのはモネダ宮殿。歴史的な事件の舞台にもなった著名な宮殿であるが、残念ながら中に入ることはできない。地下では何か企画展が行われているようであったが、モネダ宮殿の歴史とは全く無関係のテーマであり、地下内を10分ほど散策しただけで外に出た。
 一方、モネダ宮殿正面には観光客が多数おり、皆談笑したり写真を撮りあったりして、思い思いの時間を楽しんでいた。確かに悪くはないのだが、今一つ地味さは否めない。
 その後は徒歩で有名なアルマス広場に移動。11時過ぎということで広場内は大変な賑わいを見せていた。広場の周囲には教会や歴史的建造物が並んでおり、まさにテレビや写真で見た通りの光景。だが、特に強く感激したという記憶がない理由は、やはりインパクトが今一つであっただろうか。
 ちなみにアルマス広場周辺について、ガイドブックにはスリや置き引きに十分注意と記載されていたが、私がこの日そしてチリ最終日に訪れた時については、そうした危険を感ずることはなかった。よって、過度に警戒する必要はないだろうが、時期・時間帯などによっても大きく異なると考えられるため、最低限の注意は怠らないように行動すべきであろう。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1711-c4423f82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad