FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

入島カード①(チリ・オーストラリア旅行16)

 チリ2日目となるこの日は6時にホテル出発。時差ボケのせいか、夜中に何度も目が覚めたため調子は今一つであったが、イースター島に向かうべく空港バスに6時10分に乗車し、6時40分には空港に到着した。
 イースター島はチリ領であり、本来であれば国内線なのだが、なぜか国際線ターミナルでチェックイン手続きを進めることになっている。しかし、出発ゲートは国内線というこれだけでも複雑であるのだが、2019年4月時点ではこれらに加えて更に面倒な手続きが必要とされている。それは、入島カード(仮称)の存在である。
 この入島カードは、観光客がイースター島を訪問する場合には記入・提出が要求され、チェックインの際に航空会社(ラタム航空)から渡される。具体的には、氏名やパスポート番号などに加えて宿泊ホテル名や滞在日数などを記入するのだが、この入島カードに関する情報は最新のガイドブックにも記載されておらず、私もたまたまネットを検索していたら偶然見つけたので、私と同じ時期にイースター島を訪れた多くの観光客も戸惑ったことだろう。事実、国内線の出発窓口で戸惑っていると思しき日本人を何名か見掛けたし、私も窓口を通過するまで若干の不安を抱えていた。その理由は次項で述べたい。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1717-e2dec42f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)