FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

英語ツアー対策(チリ・オーストラリア旅行27)

 初日の参加者の国別構成は、白人3名、中国人2名、エクアドル人+ネパール人の夫婦、そして日本人1名の合計8名。私は主にエクアドル人+ネパール人の夫婦と会話をする機会が多かったのだが、この夫婦を含めて私以外の参加者は皆英語が堪能であると思われた。加えて、初日の英語ガイドの話すスピードは速く、通常であれば開始30分で参ってしまうところであったが、今回は8割がた理解することができた。
 というのは、この観光ツアー参加に備えて十分な予習をしてきたからである。具体的には、海外からイースター島に関する洋書を取り寄せ、少なくとも3回は読んでいたのである。無論ガイドの話は本に書かれている内容以外のものもあったが、やはりイントロダクションを含めた基本的な内容に関する説明が多かったので、この点は「ああ、あの話をしているんだな」と改めて確認しながら、余裕を持って聞くことができたという次第。
 だが、雑談や質疑応答の際にはそうはいかない。この日の参加者は結構質疑応答が活発であったので、私も負けじと2~3回質問してみたのだが、やはり化けの皮が剥がれてしまう感は否めない。ガイドは丁寧に答えてくれていたのだが、その答えについては正直30%位しか理解できなかった。ガイドもおそらくその理解度の低さを感じ取ってか、その答えは次第に簡潔で短めの表現になっていった。相手に無用な気を遣わせないためにも、少なくとも周りに流されて無理に質問することは止めようと思った。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1728-27312df1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)