FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

インドの地下鉄①(インド旅行9)

 ここでデリーの地下鉄について紹介したい。デリー市内には地下鉄が数路線開通しており(前述のとおり空港と市内を結ぶエアポートメトロは平成24年末時点で運休中)、中心部の移動に当たっての利便性は極めて高い。
 地下鉄のホームに向かうためには、まず駅のセキュリティチェックを通過しなければならない。各駅は警官が警備しており、1人ずつボディチェックと手荷物検査を行う。郊外の駅におけるチェックは結構甘かったが、ニューデリー駅やコンノートプレイス周辺は結構しっかり調べられる。
 セキュリティチェックを通過した後は、窓口でチケットを購入する。1区画の初乗り料金は8ルピー(約12円)、郊外まで足を延ばした時には20ルピー(約30円)位になったが、概ね日本の10分の1と考えてよいだろう。窓口で行き先と人数を告げてお金を支払うとプラスチックのトークンを渡される。
 ちなみに、高額紙幣(100ルピー札以上)による支払いはNGであり、小銭の用意は必須である。これは地下鉄に限らず(高級レストランやホテルなど一部施設を除く)あらゆる場所における共通ルールと言っても良いだろう。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/173-daf8134d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)