FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

南米一の治安の良さだが(足立区出身税理士の海外旅行記:チリ・オーストラリア旅行46)

 チリは、南米の中では比較的治安の良い国として知られている。本件については、無論私もネットで事前に確認済であり、この点については安心していた。事実、日中に観光エリア内を歩く分には大きな問題が発生する可能性は高くないと考えられるが、この日の前夜にサンチアゴ空港からバスターミナルに移動した際には、車窓から危なそうなエリアを随分目にした。
 まず、大通り以外の道を歩く人はほとんどいなかった。各家には鉄格子が貼られており、派手な落書きが随所に見られることは昼間も確認していたが、夜間にそれらを見ると何が起こっても不思議ではない感が一層現実味を増す。バスに乗っていたので直接的な危険を感じることはなかったが、万が一何らかの理由でこのエリアに放り出されたら、おそらく無事では済まないだろう。やはりここは南米であり、間違っても夜一人で細い路地を歩いてレストランに行こうなどと考えてはいけない。
 ということで、この日の夕食はバスターミナルのFF店でロモ・ア・ロ・ボブレ(ステーキ肉+目玉焼き+フライドポテトのセット)を食べた。料金は8,650ペソとFF店で支払った最高金額かもしれないが、その味よりもボリーミーであることだけが印象に残っている。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1748-8e007e67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)