FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

ETASの罠(足立区出身税理士の海外旅行記:チリ・オーストラリア51)

 日本人がオーストラリアに渡航する場合、原則として「ETAS」という簡易観光ビザを取得する必要がある。ETASは事前取得が義務付けられているため、他の大部分の国と同様に、日本のパスポートだけ持って渡航する場合、出発空港で搭乗拒否という事態が十分起こりうる(仮にETASを取得せずに搭乗しようとした場合、実際にどのような取扱いになるのかはわからない)。
 実は私は、世界一周航空券をJALオフィスで購入した際、対応係員に言われるまでETASの存在を全く知らなかった。オーストラリアは当然パスポートのみで行けるとの安易な先入観は大変危険であり、渡航国については事前の情報収集をしっかり行う必要がある。
 なお、この簡易ビザは事前にネットを通じて代行会社等を経由して申請・入手する必要があり、料金は代行会社によって異なるが概ね500~1,000円といったところ(私はJALの系列会社で取得)。無論オーストラリアが運営する正規の窓口もあるのだが、少なくとも料金面では代行会社に依頼した方がリーズナブルである。
 また、ネット検索で最初に出てくる会社の中で、料金五千円以上を徴収するぼったくりサイトの存在には要注意。手続きをしている間料金は一切表示されず、Q&Aこそ非常に詳細な内容まで載っているのだが、肝心の料金だけは掲載されていない。私も最初このサイトで途中まで手続きを進めてしまったので、引っ掛からないよう注意が必要である。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1753-5d922ded
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)