FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

印象の変化(足立区出身税理士の海外旅行記:チリ・オーストラリア67)

 渡航前において、少なくとも観光面から見たオーストラリアに対する私の印象は芳しいものではなかった。歴史が浅く、料理も際立ったものがなく、発展途上国特有の驚きや感動もないであろう。一言で片づけるならば「面白くない国」であった。そして他にも幾つかの要素が重なり、同国に対する観光面の印象はかなりネガティブであったのだが、これは相当程度覆された。
 まず、歴史は19世紀後半以降を知るに及び興味がわいてきたし、料理は先のチキンパルマが裏切ってくれた。東南アジア等で経験する異常なまでの親切や優しさに触れることはなかったが、観光施設やホテルをはじめ多くの人は親切であり、少なくとも以前訪れたヨーロッパ諸国よりも印象は良い。
 そして何よりも観光客にわかりやすく案内や標識が設置されているため、行程が非常にスムーズであり迷うということがなく、さらに気候に恵まれたこともあり快適な日を過ごすことができた。こうした点から考えれば、この国を留学先として選ぶという判断は極めて順当と言える。逆に難点は英語が聞き取りづらいことであるが、これは毎度のことである。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1769-c97062b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)