FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

デリー下町の喧騒(インド旅行14)

 翌日の鉄道チケットを入手してようやく市内観光が可能となったので、まずラールキラーというムガル帝国時代の要塞に向かうことにした。
 ニューデリー駅から地下鉄で最寄駅まで向かい、そこからは500メートル強である。自身の歩行速度を考えると通常は徒歩数分であるが、インドの場合にはその3倍以上の時間を要する。特に、最寄駅からラールキラー間の道路はチャンドニーチョークという旧市街の中心部であることから、その混雑度合が極めて凄まじい。車・オートリキシャー・サイクルリキシャー・歩行者・動物(牛・馬・犬など)などが入り乱れ、その喧騒は日本の比ではない。歩道は申し訳程度にはあるのだが到底歩けるような状況ではなく、歩行者用信号もほぼない。加えて、相変わらずドライバーや通行人からは断続的に声を掛けられる。
 歩くこと20分、ようやくラールキラー正門前に辿り着いた。入場券を買って施設内に入ると、そこは外の騒々しさとは全く異なる空間である。デリーを代表する観光地ということもあって観光客は沢山いるが、街なかの騒々しさとは全く無縁であり、客引き目当ての煩いインド人もいない(野良犬はいた)。本来であればここから落ち着いて観光できるわけであるが、ここに辿り着くまでにかなり疲労していたので、英語の解説案内をほぼ読み飛ばすなど結構いい加減な観光になってしまった。今考えれば少し残念である。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/184-81600b53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)