FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

またもや意味不明な対応(インド・シンガポール旅行29)

 アンデーリーの郊外鉄道駅からメトロ駅までは高架を数分歩く。空港最寄駅まではアンデーリー駅から3駅で20ルピー。郊外鉄道の4倍であるが、チェンナイほどの料金差はないため、チェンナイメトロとは異なり車内は結構な混雑ぶりであり、これまでの移動の疲れもあって結構疲労した。
 空港最寄駅から空港までは1キロ強。ネット情報によれば決して歩けない距離ではないが、道路横断に難儀するなど地元の人でも歩く人は少ないとのこと。さすがにここは無難にトゥクトゥクだろうと考え料金交渉を開始すると、提示額は120ルピー。
 私の中では適正相場は30ルピー程度、高くても50ルピーと考えていたので、呆れて別のトゥクトゥクを探そうとすると、ラストプライスとして70ルピーに下がった。今考えれば40を逆提案し50で乗車というのが順当な流れであろうし、そうすべきであった。加えて、周囲には別のトゥクトゥクが何台か停車していた。だが、何を思ったか何とここで「OK」と合意。ここでもまさにインド病とも言うべき意味不明な行動を起こしてしまった・・・
 無論疲労していたのも事実だが、何しろ早く空港に到着して安心したいという焦りがそうさせてしまったのだろう。当然のことながらたかが20ルピーと考えてはいけない。そそれは後に続く旅行者に悪影響を及ぼすからである。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1878-d0e60de2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)