FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

マイナー路線の宿命(チュニジア・カタール旅行7)

 ドーハからチュニスに向かう飛行機の搭乗に当たっては、ボーディングバスを利用した。
 この路線は、国際線の中でもいわゆるマイナー路線であり、扱いもそれに準じたものになってしまうのだろうか。これまでの旅行記にも書いているが、搭乗に当たってバスを利用する場合には精神的にかなり凹む。しかも、この時は優先搭乗の場合におけるバス乗車手順の説明がよくわからず、何度尋ねても「とりあえず待て」と言われるばかりであったが、待てど暮らせど案内はなかった。これは私の英語力に起因するものではなく、前項以前から述べている機内サービスと空港サービスの大きなギャップと言わざるを得ない。
 また、機材もシンガポール→ドーハ間で利用した機材とは異なり、かなり窮屈さを感じる座席であった。無論フルフラットにはなるのだが、この機材であればいわゆる旧型ビジネスクラス座席の方がまだマシである。だが、この区間は往復ともに隣が空席であったことから、それなりに快適に過ごすことができた。
 食事は好きな時にアラカルトで選ぶ例のパターンであり、この時は1回目にヨーグルト+デザート+マンゴージュースをオーダー。少し寝た後にガーデンサラダ+チーズ盛り合わせ+マンゴージュースで昼食とした。なお、この時には既に腹の調子は良くなっており、若干のアップダウンはあったものの旅程に大きな影響を及ぼすことはなかった。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1902-63fbdd70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)