FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

散策中の注意点(チュニジア・カタール旅行38)

 カイロアンは重要な聖都とされているが、少なくとも異教徒の私から見れば、他の都市と同様にメディナやモスクがある一つの小さな街に過ぎない。よって、私のこの街に対する評価は、ガイドブックに記載されているほどには高くない。だが、これは滞在時間が実質3時間程度であったことが大いに起因していると考え、こうした観点から考えれば1日のんびり滞在したかったと考えている。
 アラブ朝の貯水池を見学後は徒歩でメディナ内に移動し、グランドモスクをはじめ幾つかの名所を巡った。だが、元旦はチュニジアでも祝日らしく、ガリアーニ・アバダ霊廟がクローズしていたことは残念であった。
 そのスキを突かれ、1人の男性が「今日も営業している代わりの博物館があるから案内するよ」と言われて連れてこられたのは絨毯の店。内部の写真も自由に取ってOKと言われたが、入ってすぐに気づいたので「ノ-サンキュー」と言って足早に退散した。この定番の罠にはやはり気をつける必要がある。
 もう一つ気を付けたいのが、現地で道を尋ねる時である。アバダ霊廟に向かう際、地元の子供に話しかけられたので、挨拶の後に念のため霊廟までの道を尋ねたところ、私の考えていた方向とは異なる方向を示してきた。そしてそのルートを信じて歩いた結果、10分ほど時間をロスした。だが、このリスクを回避することはなかなか困難である。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1934-066fac41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)