FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

インド鉄道の遅延(インド旅行21)

 3日目の朝は5:00起床。昨日依頼した朝食(ボックス)を部屋で食した後、6:00にチェックアウト。デポジットの4,000ルピーも無事返ってきた。ホテルから出発駅であるニザームッディーン駅まではオートリキシャーで約20分程度であり、料金は200ルピー(約300円)。この金額は昨日のホテルマンから聞いていた金額と同額であり、若干割高にも感じたがそのまま支払った。
 続いて、電車の出発ホーム探しであるが、電光掲示板が大変綺麗であり英語表記の文字盤をはっきり読み取ることができた。ちなみに、ホーム自体は地下鉄駅とは異なり大変汚らしく、始発を待つ人かホームレスかわからない人々が多数屯していた。無論、例の野犬たちもホームを所々うろついていた。
 ホームや乗車スポットの確認を終えて、来るべき電車を待っていたが出発10分前になっても電車は入ってこない。始発駅にもかかわらず不自然だと思って係員(実はこの人は降車客の荷物を駅入口まで運搬する運び屋だったのだが、この時点ではわからず)に聞いたところ、霧のため電車が遅れて出発は10時になるとのことであった。
 冬季に霧で電車が遅延する可能性がある旨はガイドブックにも書いてあったが、3時間遅れはかなり痛い。代替交通手段としてバスを使用することも検討したが、総合的に考えると3時間待って当初電車に乗ることが最善であると判断した。しかし、早朝の寒い中で3時間どこに居ればよいのか悩んでいたところ、2人組の日本人が声を掛けてきた。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/204-498957a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)