FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

個人名義車両に係る車両関連費

 先日クライアントより、「個人所有している自動車を事業用として利用した場合、ガソリン代は会社費用として認められるのか?」という質問があった。
 税法においては、形式ではなく実質で課税関係を判断するため、名義上は個人であっても会社の収益獲得に直接的に対応しているものであれば会社費用として計上することは可能である。但し、個人名義で所有している以上、一般的にはプライベートとして利用していることも想定され、全体費用のうちどの程度が事業用であるのかについては明確に区分する必要がある。
 なお、本件に関連して補足するならば、仮に個人から法人に名義変更を行えばガソリン代のみならず車両の減価償却費や税金なども法人費用として計上可能である。また、個人から法人に対してリースするという形態であれば、法人が個人に対して支払うリース料が会社費用となる。但し、個人側においては各種所得(譲渡所得・事業所得等)が発生して確定申告が必要になることから、具体的にどの形態を採用するかについては上記を踏まえた総合的な判断が求められる。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/251-ce54ba21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)