FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

バルト3国の気候(バルト三国旅行7)

 6月のバルト3国は、日本の4月又は10月に相当すると聞いていた。従って、衣類は厚手の長袖や薄いセーターなどを中心に持参し、逆に半袖はパッキングしなかった。
 実際、最初に訪問したエストニアは大変寒く、朝晩は10度近くになることもあったのでこの判断は正しいように思えた。しかし、リトアニアに入国するとTシャツ1枚でも暑い位の猛暑が続き、観光中においてかなりの消耗を強いられる程であった。確かに、エストニアとリトアニアでは緯度が5度近く違うので多少の差があるのは当然であるが、これだけ異なるとは全くの計算外であった。
 そして忘れてはならないのは白夜である。夏至近くということもあり朝は3時半頃から夜が明け始め、完全に暗くなるのは0時過ぎという日本ではまず経験できない気象現象に遭遇した。太陽が見える内にホテルに帰るのは勿体無いと考え、精力的に市内散策を行ったため、これまでの旅行と比べても異様に長い時間の観光行動となり、毎日ヘトヘトに疲れ果てていた。時間の有効利用という点においては、この時期の旅行はベストシーズンであると言えよう。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/289-b1cfee32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)