FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

カマの味(バルト三国旅行17)

 昼食で利用したレストランは、メイン通りから少し外れたやや閑静な通り沿いに立地するエストニア料理店である。今回はテラスではなく店内で食事を取った。
 前日同様にコース料理を注文したところ、定番の肉・ポテト・キャベツの3点を乗せたセットが登場。味はグッドだが、やはりボリュームに苦戦してパンは手付かずであった。そして、デザートは同じくエストニア料理である「カマ」を注文した。カマはヨーグルトの中に穀物を挽いた粉を混ぜた食物であり、元々は多忙な農民が時間節約のために食べた夏の常備食であったと言われている。メイン料理で既に満腹ではあったものの、一口カマを食べるとその美味しさに満腹を忘れ、一気に平らげることができた。おそらく今回私が食した料理の中では、カマが最も印象に残った料理である。
 ちなみに昼食代は、前菜(4ユーロ)、メイン(14.5ユーロ)、カーマ(3ユーロ)、ビール(3ユーロ)の合計24.5ユーロ(約3,200円)。カマには大満足だが、この調子で食事を続けていると帰国前に旅費を使い果たしかねない勢いで散財している。気を付けねばならぬと考えながら店を出た途端、思わぬアクシデントに見舞われた。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/307-f559f6ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)