FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

外国人に対するおもてなし(バルト三国旅行25)

 リーガで2泊したこのホテルは、今回私が宿泊したホテルの中では立地・部屋・食事・雰囲気など総合的に判断して最良であった。
 これまでの旅行記においても何度か触れているとおり、私がホテル選定を検討する上で最も重視する要素は「立地」である。これは、交通の起点であるバスターミナルや鉄道駅とのアクセスが良好であれば移動に伴う無駄な時間をカットできるし、見知らぬ街を長時間移動する犯罪リスクも回避できるという合理性を論拠としている。無論、それ以外の要素を一切不問にするというわけではないが、選定に当たってのボーダーラインは相対的にかなり低い。
 こうした中で、このホテルは全ての要素において十分合格点に達している。加えてフロントの対応も良好であり、先の両替所に関する情報はもとより、リーガ旧市街が入り組んでいるので迷わないよう十分注意するようアドバイスを受けた。
 限られた日数を旅するツーリストがその国に対して持つ印象は、こうした現地の人々の対応によって決定する要素が強い。今振り返れば、バルト三国いずれの国においてもほぼ全ての場面において不愉快な扱いを受けなかったことが、今回充実した旅行になった大きな要因ではないかと考えている。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/317-93b6b6b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)