FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

5,000円のランチ(バルト三国旅行28)

 この日の昼食で私が利用したレストランは、バルト海産の魚料理をサーブするお店であった。
 路地裏にひっそりと佇む小規模なレストランであり、少なくとも外見から高級感は感じられなかった。13時半を過ぎていたこともあってか店内に他の利用客はほとんどおらず、店奥のテーブル席に腰を下ろし、メニューを見て愕然とした。コース料理で軽く20ラッツを超えてしまう・・・。1ラッツ=200円換算で約4,000円である。完全に予算オーバーであったが、さすがに今更店を出るわけにはいかない。
 サーブされた料理は、前菜(数種類の魚の刺身的なもの)、メイン(ムニエルと揚げ魚)、パン・デザートである。確かにどの料理も値段相応のベリーグッドな味であり、この点に関して十分満足いくものであったことは救いである。
 そして、最後にコーヒーか紅茶か聞かれてコーヒーを注文。だが、これはコースに入っていなかったらしく請求書に2ラッツ加算されていた。結果、トータルチャージは24.5ラッツ(約4,900円)。生涯のランチ金額ランキングの第一位かもしれない・・・

(参考:各品の料金)
①前菜(9.2ラッツ)、
②メイン料理(10.8ラッツ)
③パン(2.5ラッツ)
④コーヒー(2・0ラッツ)   合計24.5ラッツ

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/320-50e4b7be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)