FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

迷惑な外国人(バルト三国旅行35)

 スィグルダからリーガに戻り、スーパーで買い物をすることにした。ガイドブックに載っていたラトビア特産のケフィール(酸味のあるヨーグルト)やスィエリンシュ(チョコケーキ)などを食してみたいと考えたからである。
 まずは水を購入。ブログで何度も触れているとおり、海外で水を購入する場合には炭酸水を購入しないよう十分注意しなければならない。近くに居た店員にノーガスウォーターと伝えたが、残念ながら英語が通じないようだ。やむなく他の店員を探そうとした矢先、その店員が英語堪能な別の若い店員を連れてきて、無事購入することができた。ちなみに、金額は500mlのペットボトルで0.25ラッツ(約50円)と安いが、キヨスクや観光地で購入すると0.4~0.5ラッツ(約80~100円)になる。
 その後は目当ての名物食品群を探すが、売り場が広すぎてどこにあるのかわからない。先ほど水について尋ねた店員達に再度聞くこと3回。これら親切な店員のお陰をもって無事全ての品物を見つけることができた。
 つまり表題の人物こそは自分である。夜の忙しい時間帯に外国人にあれこれ聞かれ、仕事の邪魔であったに違いない。にもかかわらず、無視されることなくこちらの希望に沿って諸々動いてくれたことには深く感謝している。仮に外国人旅行者が日本において同様のケースに見舞われている状況を目にしたら、面倒がらずにできる限りサポートしたいと思う。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/327-b6f0ccb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)