FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

リトアニアに向けて出発(バルト三国旅行39)

 目的地であるシャウレイ行のバスは9時30分発であるので、まずは使い残しのラッツをリトアニアの独自通貨であるリタスに両替した。通常であれば現地国に入国してから両替するところであるが、とある理由によりリーガで両替した方が得策と判断した(詳細は後述)。両替後は、バスターミナル向かいの中央市場を見学していた。朝ということで市場周辺は活気に溢れており、散策していても全く飽きることはなかった。
 一通りの散策を終えてバスターミナルに戻り、バスは定刻通りシャウレイに向けて出発(運賃は8.1ラッツ(約1,600円))。予想に反して今回のバスはミニバスであり、すし詰め状態でかなり窮屈な移動を強いられた。また、当然トイレもないので終始不安であった。
 この日はシャウレイで観光し、その後再度長距離バスに乗車して首都のヴィリニュスに向かうというハードスケジュールであり、特に時間管理が重要であることを強く意識していた。余談であるが、旅程計画段階において当初は、まずリトアニアに入国してからラトビア・エストニアと北に上るルートを検討していたのだが、シャウレイからリーガに向かうバス接続が大変悪く、1日でシャウレイ観光とリーガへの移動が困難であったことから今回旅程に落ち着いたという経緯がある(シャウレイからヴィリニュスは国内移動であるので接続は良い)。
 出発から約2時間半で無事シャウレイに到着。効率的な観光のため、ここで幾つかの対処が必要となってくる。

(ラトビア編完)

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/331-d67c29bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)