FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

バスの遅延(マレーシア旅行5)

 2日目の朝を迎えた。ホテルの朝食はブッフェスタイルであり、マレー・中華・洋食と多数の料理がバランスよく配列されていた。やはり、南国フルーツが豊富に並べられていることは、ここが東南アジアであることを実感できる要素であると言えよう。メイン料理の中では、伝統的なマレー料理であるナシルマ(ココナツミルクで炊いたご飯にゆで卵・豆・小魚などを付け合せたもの)が一押しであり、マレー風焼きそばのミーゴレンもなかなかの美味であった。
 この日はKL観光を後回しにして、まずはマラッカという世界遺産に指定されている郊外の観光地を訪問予定である。マラッカ行きのバスは、最寄りのKLセントラル駅から電車で15分ほど離れたTBSバスターミナルから出発するため、まずはマレーシア国鉄(KTM)に乗って移動。KL⇔マラッカ間は多数のバス会社によって頻繁に運行されており、利便性は高い。しかも、所要時間2時間弱で料金は11リンギ(約330円)と割安である。
 TBSバスターミナルは最近新しく建設された広大なターミナルであり、マラッカをはじめ国内各都市へのアクセス便がひっきりなしに運行していた。その中の窓口で15分後(8時30分)に出発するチケットを入手し、一安心してバスを待っていたが、定刻になってもバスが現れる気配はない。やがて電光板上「DELAY」と表示されたので、遅延かと思ってそのまま待ち続けた。ちなみに、どういうわけか私の乗車予定のバス以外はほぼ定刻出発しており、相当運が悪いのだろうと諦めていた。
 更に待つこと30分。突然バス係員が来て私のパスポートを回収していった。一体何が起こったのか・・・

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/358-c463f263
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)