FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

バンコクの雑踏(タイ旅行15)

街並みを散策しながら30分程度歩いて、ようやく船着き場に到着。中心部からやや離れたローカルな地域ということもあり、周囲には昔ながらの市場や露店が立ち並び、沢山の買い物客で賑わっていた。しかし、それなりの幅の歩道があるにもかかわらず、屋台や露店で塞がれているため満足に歩けない状況は、日本では到底考えられない。タイには道路交通法的な法律は存在しないのであろうか。また、これまでの移動中には見当たらなかった野犬をここでは頻繁に見かけた。
 しばらく待つとボートが来たので乗り込んだ。この時点での混み具合はそれほどでもなかったが、中心部に近づくにつれて通勤客や旅行者によって足の踏み場もないほど満杯となり、ワットプラケオ付近に到着した頃には入船制限が行われていた。当然、乗降にはかなり時間がかかるし、その間も含めて日本の通勤ラッシュ並の状況下を数十分過ごすことを余儀なくされた。なお、ボートの検札は利用客が乗車してくる都度、係員が個別に行うのであるが、果たして係員は各駅における乗船者をしっかり把握できているのであろうか。
早朝利用したBTSや地下鉄も混雑していたし、市内中心部の道路状況もかなりのものであったが、ボートもやはり同じであった。今考えれば、これがバンコクのエネルギーの源であると考えて前向きに捉えることもできようが、少なくとも猛暑の中を移動していた最中においてはうんざりであった。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/403-c3d2fc70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)