FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

プラハの第一印象(東欧旅行28)

 プラハ駅は、丁度通勤ラッシュだからなのか、或いはツーリストが多い季節だからなのかはわからないが大変混雑していた。とりあえず、重い荷物を持ってホテルまで移動した。途中両替を考えたが、街中の両替レートがあまりよくなかったので、ホテルを目指すことを優先した。今回のホテルも駅近くの場所であるが、やはり徒歩5分位はかかる。車に注意しつつ、3人位に道を尋ねながらようやくホテルに辿り着いた。
 街並みの第一印象としては、ポーランド以上に美しい。チェコは近年戦火に晒されることがなかったことから、石造りの立派な建物が面的な広がりをもってしっかり残されている。この写真を白黒で撮って150年前と言ってもわからないかもしれない。そういえば、駅舎もレトロチックな石造りの建物であった。何しろどこを切り取っても絵になる。とある本では世界一美しい首都と例えていたが、まさにその通りだと思う。
 朝にもかかわらずホテルはチェックインできたので、早速部屋に入って荷物を置いた。今回のホテルもオールドホテルという名前だけあって、建物の外観は昔のままに内装は美しい。これで朝食付8,000円ならば大満足だ。寝台列車では快眠というほどではなかったために少し眠かったが、クラクフの二の舞は避けねばならないので、睡魔を払って外に出た。今日も晴天、早速カフェで朝食を取ろうと考えたが、まだチェコの通貨を持っていないので両替が先である。プラハ観光を目前に控えて胸が高鳴った。しかし両替と言えば、やはりあの一件に触れねばならないだろう。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/425-3d1d9509
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)