FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

地方都市の美しさ(東欧旅行42)

 前述のとおり、チェスキーブッディヨヴィツェは思いつきで立ち寄った街であったが、結論から言えば行って良かった。プラハと比べれば大変コンパクトで歩きやすく、欧米の街特有の雰囲気も十分醸し出されていた。ちなみに、この街で特に印象に残っているのは旧市街広場前に面するカラフルな市庁舎だろうか。この建物そのものが非常にユニークな外観であることに加え、現在はツーリストインフォメーションとして活用されている点も興味深い。広場にあるベンチに座って30分近くその市庁舎をぼんやり眺めていた。
 そして、お約束のカテドラルも見た。近くに塔があったので上ったが、昔ながらにそのまま残っているために狭い螺旋階段を何回転も歩くこととなり大変ハードである。無論、備え付け電動リフトなどない。だが、苦労して上って辿り着いた頂上からの眺望は素晴らしい。これもこの旅行で何度も経験済であるが、個性溢れる街の良さが感じられるスポットとして最適だ。
 その後は近隣のレストランで食事をし、今回旅行で初めてアルコールを口にした。この地方発祥のビール(名前は忘れた)であったが、軽くて口当たりの良い飲みやすいビールであった。だが、この日はプラハ到着が遅くなることやトイレのことも考えてアルコールは1杯にとどめ、後は食事に集中することにした。スープは、大きなクルトンの入ったオニオンスープ的なサッパリした味であった。次は、鴨ローストのクリームソース煮的なものであり、鴨肉の柔らかさとクリームソースがうまく混ざり合っており、いかにもヨーロッパ的な料理と言える。デザートはパンケーキにチョコレートソースをかけたものであり、チョコレートの濃さとボリュームが凄かった。ちなみに、これだけ飲み食いしても1,200円程度であり、プラハ昼食の半分以下で済んだことは助かった。
 この街の滞在時間は3時間程度であったが、それでも溢れ出る街の魅力を感じ取ることは十分できたと考えている。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/439-0da78c5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)