FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

雄大なカルルシュタイン城(東欧旅行44)

 旅行7日目。今日もいい天気だ。この日は実質観光できる最終日となるため、これまで以上にしっかり頑張ろうと気合いを入れた。
 カルルシュタイン駅行きの電車の時刻は前日確認済であったので、ホテルで朝食を済ませて定刻30分前には駅に到着した。駅の案内板を見たところ出発は3番線となっていたので、しばらく3番ホームで待っていたが、いくら待っても電車は来ない。不思議に思って近くを通りがかった駅係員に尋ねたところ、1番線の電車を指した。どうやら出発ホームが変わったようだ。どうも東欧ではこういう直前変更が多く、ツーリストにとっては非常に由々しき問題である。今回も文章だけであるとなかなか伝わらないが、出発10分前は相当な混乱状態に陥っていた。
 プラハ近郊の電車ということなので、日本の田舎を走っているローカル線のような車両を想像していたのだが、日本の首都圏を走る特急電車並みに整った車両であった。電車に揺られること40分、電車は定刻通りにカルルシュタイン駅に到着した。車両の整い具合及び運行スケジュールの正確さについては、ポーランドよりチェコの方が上だ(時間についてはポーランドも概ね正確だったが、チェコはそれ以上という意味)。そこには、昨日のチェスキークルムロフ以上にのどかな田園風景が広がっていた。
 さすがに朝9:00前ということもあり、駅前はもとより城に行くまでの一本道も閑散としていた。山の上にそびえる壮大な城に少しずつ近づいていく醍醐味を楽しみにしつつ、のんびり歩いて城の入り口に到着した。あいにく城内への入場は10:00からということであったため、付近を散策して時間を潰し、開場とともに英語ガイドのオープンツアーに参加した。
 ツアー参加者は大体40人前後というところか。エクスカーション授業で来ていた学生達も多数参加していた。この学生たちが英語を話していなかったことから、もしかすると英語の授業も兼ねていたのかもしれない。私の方はと言うと、城や宮殿の英語ガイドはこれまでも何回か経験済であり、何となくツアー参加に関するコツを掴んでいた。見所スポットの確認や移動時のポジショニングなどを十分意識しながら、1時間の城内見学ツアーはあっという間に終わった。時間を感じさせなかったということは、それだけ一生懸命見ていた証だろう。
 その後も、城の外郭をしばらく散策した後、城の登り口付近に多数ある土産物屋を覗きながら駅に戻った。ちなみに、ここでチェコ名産のボヘミアグラスを買った。値段以上の光沢と美しさを感じることができ、この買い物には十分満足している。ここは、プラハ郊外の観光地ではあるが田舎町というころでチェスキークルムロフよりもはるかに観光客は少ない。のんびり1日過ごすには少し退屈かもしれないが、もう少し年を重ねたらそういう旅行もいいかもしれないと思いながらプラハに戻った。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/441-db781590
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)