FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

朝からクメール料理(カンボジア・ベトナム旅行8)

 この日の朝は6時に起床。素早く身支度を整えて朝食会場に向かった。シェムリアップのホテルの朝食タイムは概ね6時からであり、他都市と比べるとかなり早い傾向にある。この要因は、アンコールワット観光の目玉である朝日ツアーや早朝観光がポピュラーであるためと考えられる。
 ブッフェスタイルの朝食メニューは、一般的な洋食からクメール(カンボジア)料理まで幅広く用意されており、この場でクイティウ(米麺)やクメールカレーなど多くのご当地料理を食することができた。また、朝食会場は広々としており、かつ早朝ということで人が疎らであったことから、快適な食事を満喫できた。
 この日は、終日現地ツアーに参加してアンコールワット遺跡を観光予定であり、午前8時にツアー会社オフィス前に集合する必要があった。このホテルからオフィスまでは徒歩15分程度と聞いていたので、7時30分にホテルを出発すれば十分に思えたが、カンボジア初移動かつ両替も行いたかったので、7時にはホテルを出発した。
 通勤時間帯ということで相当の交通混雑を想定していたが、予想に反して道路横断はスムーズに対応できた。シェムリアップに関して言えば、夕方はかなり混み合うものの横断できないほどのレベルではなく、少なくともインドを基準として考えると概して問題ないレベルと言える。これはカンボジア旅行における大きな安心材料となった。
 歩いて10分ほどでシェムリアップ中心部のオールドマーケットに到着。約1キロ離れていたので無事辿り着けるか不安であったが、全く問題はなかった。ちなみに、トゥクトゥク(原付三輪オート)を利用すると1~1.5ドルと聞いていたが、少なくとも私にとっては無駄金である。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/454-28a9d7e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)