FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

アクシデント発生①(カンボジア・ベトナム旅行21)

 続いて移動したのはプノンバケンと呼ばれる山の頂である。ここは夕方前に多数の人々が殺到する同遺跡群随一の人気鑑賞スポットである。
 夕方16時半頃から山道を登ること20分して頂上付近に辿り着いたが、既に沢山の人々が頂上に登るべく列を成していた。危険防止のために頂上手前では入場制限が行われており、後は気長に順番を待つしかない状況である。このウェイティング中、ガイドからスリに十分気を付けるよう注意喚起があった。どうやらこの順番待ちの最中に財布や貴重品を盗まれる事件が多発しており、同ツアー参加者も約1か月前に被害に遭っているとのことである。確かに、この状況下はスリにとって絶好の仕事場になる。
 待つこと約30分、ようやく頂上に登れることとなり勾配のある階段を急いで登る。間もなく夕日が沈まんとする時間帯であり、頂上に辿り着いて何とかギリギリ間に合ったと思い一安心。先ほどのガイドのアドバイスを思い出して改めて気を付けようと思った矢先、あるものが無くなっていることに気付いた。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/467-4eeb7d8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)