FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

東洋のモナリザ(カンボジア・ベトナム旅行27)

 続いて向かったのは「バンテアイスレイ」と呼ばれる郊外を代表する遺跡である。この遺跡は、前日のメインコースを除けば主要旅行会社の観光ツアーの中に組まれていることが多い。というのも、遺跡内には「東洋のモナリザ」と呼ばれる優美なレリーフが描かれており、それを見るべく多くの観光客が訪れるためである。
 だが、肝心のモナリザは遺跡保護の観点から間近で拝むことができず、遠目からその存在を確認することができるに過ぎない。私もガイドからその場所を示されたが、周囲が大変混雑していたこともあり、しっかりと確認することができなかったことは残念であった。しかし、赤い砂岩で造られた遺跡が、太陽の光に照らされてその赤味を増していく素晴らしい情景は、一見の価値がある。
 こうして午前中の早い時間帯に郊外2遺跡の観光を終え、次なる目的地である地雷博物館に向かった。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/473-6d7c93ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)