FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

地雷の悲劇(カンボジア・ベトナム旅行28)

 続いて辿り着いた地雷博物館には、カンボジア内戦時代に使用された対人地雷・対戦車地雷などの展示や、地雷被害者に関する資料などが展示されていた。館内はそれほど広くないが、ガイドの説明に基づいて一つ一つの資料や展示についてしっかり見ていくことができた。
 カンボジア内戦に関しては、別途記述するプノンペンのキリングフィールド・トゥールスレン博物館の項でも触れることになるが、カンボジアの将来に対して甚大な悪影響を及ぼし、国民に深い心の傷を与えた愚行であったと言わざるをえないだろう。
 加えて、これは決して過去の話ではない。と言うのも、敷設された地雷は今でも完全に除去されておらず、毎年それによる犠牲者が出ている。遺跡の入口などでは、地雷被害者らが観光客向けに民族音楽等を演奏している光景をしばしば目にする。これに対する寄付やCDの売上により生計を立てざるをえない彼らの姿を目にする度に、戦争は決して行ってはならないことを実感せざるをえない。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/474-9f0466e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)