FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

広大なアンコールトム(カンボジア・ベトナム旅行38)

 昼食後は、ドライバーとの合流時間である16時までアンコールトム内を観光した。前々日に観光したアンコールトムであるが、その時に観光したのは主要部分のみであり、この日はその残りの部分を体力の続く限り観光することとしていた。
 2時間で観光できたスポットは、ライ王のテラス → プリア・パリライ → 王宮 →ピミアナカス → バプーオン である。特に後の2つはピラミッド型の大型遺跡であり、段差のある高い階段を登るのに一苦労であった。この段差と勾配の凄さは、定番観光コースでこの2遺跡を外している理由が、高齢者向けの安全管理(高齢者がケガをしないため)ではないかと感じられるほどである。しかし、これでも広いアンコールトム内の半分強を見たに過ぎず、結局東半分は手つかずになってしまった。まさに恐るべき広さである。
 同時に、最後に訪れたバプーオンを観光中に携帯カメラの電源が切れるという不幸に見舞われる。午前中に写真を撮りすぎていたので覚悟していたが、このような偉大な遺跡があることを知っていたら、もう少しセーブしておくべきであった。お金と同様に「電池のご利用も計画的に」と言ったところであろうか。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/484-cf200bbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)