FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

2時間遅れの出発(カンボジア・ベトナム旅行43)

 バスが船着き場に到着すると、朝食売りの子供たちが一斉に駆け寄ってきた。この情景は遺跡観光で経験したそれと全く同様である。パンとバナナのセットで1ドルは市価の倍以上であるが、朝食を取っていない(食べていない)何人かの欧米人旅行者は買っていたので、遺跡の土産物販売よりは儲かるのかもしれない。
 ボートには既に多数の乗客が乗り込んでおり、私は後方の空いている座席に腰を下ろした(座席は自由席)。バスと比べて数倍コストがかかるボートではあるが、その人気はなかなかのものであると見受けられた。私の選択も強ち風変りとは言えない。ちなみに、乗客の大部分は欧米人旅行者であった。
 しかし、我々が到着したらすぐに出発するのかと思いきや、それから1時間経過してもボートは動かない。加えて、キャビン内は冷房がガンガン効いており、セーターを着なければ間違いなく風邪を引く環境で待たされることも厳しさに拍車をかけた。
 9時近くになって10名ほどの欧米人観光客が乗り込み、ようやく動き始めた。おそらく他にもピックアップバスが運行されており、それらが全て到着しなければボートは出発できないシステムなのだろう。至極順当なシステムのように思えるが、定刻前に乗り込んだ乗客は2時間待たされたことになるため、少し可哀想な気もする。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/489-a009966e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)