FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

難点は多いがおすすめ(カンボジア・ベトナム旅行44)

 ボートが出発してしばらくすると、何名かの乗客が船室の外に出て行った。実は、船室の上にはデッキから登ることができ、そこからのトレンサップ湖の眺めが最高なのである。私も含めてこの区間の移動に際してボートを選択した観光客の大部分が、この眺望を期待いると思われる。
 だが、デッキから船室の上に登るのは意外と大変である。まずデッキの幅が狭く、かつ外側(湖側)に手すりがないため、慎重に移動しないと振り落とされる危険性もある。特にボートのスピードが上がると、水しぶき量や揺れ幅が増幅するため非常に危険である。また、写真撮影では一時的に手すりから手を離すことになるので要注意である。
 加えて、船室の上は(当然椅子などない)真っ平らな場所であり、高い場所に位置して梯子もかかっていないため、勢いよくジャンプして登る必要がある。私は反動をつけて何とか登れたが、特に年配の旅行者は結構苦労しており、上から手を引っ張られてどうにかという様子であった。そして、逆に船室の上からデッキに降りる時もそれなりに神経を使った。
 さらに上部は風が強く、かつ非常に寒い。半袖の若者は鳥肌が立っていたし、皆一様にパーカーやトレーナーなどを着込んでいた。また、航路によっては水しぶりが激しく飛ぶこともあるので、衣類が濡れるなどの難点もあったが、慣れればどうということはなく、登って数分もするとボートを選択して正解であったことを改めて確信した。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/490-d6ea042d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)