FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

ベトナム近代史の象徴(カンボジア・ベトナム旅行73)

 両替と翌日ツアーの手配を済ませた後はいよいよ観光である。予定通り最初の目的地である統一会堂まで徒歩で向かったのだが、デタム通りからは結構な距離を歩く羽目となった。後で地図を確認したが、一般ツーリストであればバイタク利用が無難な距離である。
 統一会堂(入場料3万ドン=約150円)は旧南ベトナム大統領官邸後として使用されていたことがあり、私もテレビで何度か目にしたことがあったので、ホーチミンでは最も著名な観光スポットであろう。会堂内は多くの団体旅行者で溢れかえっており、中でも日本人旅行者を数多く目にした。やはり正月休み+直行便というダブル効果によるものであろう。会堂内の各部屋には解説が付されており順路に沿って見ていくのだが、正直な感想としては可も不可もないといったところであろうか。もう少しベトナム史について関心があれば一層興味も湧くのであろうが、見て納得して次に移動という行動パターンを繰り返し、気づけば全て見終わっていたという感じであった。或いは、カンボジアの観光資源が素晴らしかったことの反動であったのかもしれない。
 内部を見学した後は、屋外に展示されていた戦車などを見ながら敷地内の散策を行い、次なる目的地に向かった。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/519-b0dfe369
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)