FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

ベトナム戦争の遺跡(カンボジア・ベトナム旅行85)

 クチトンネルは、ベトナム戦争当時に南ベトナム解放戦線(北ベトナム側)の拠点となっていた基地であり、トンネルの総距離は250kmにも及んでいる。現在は、このトンネル付近の敷地一帯が見学用施設として整備されており、トンネルの一部に入ることができる他、当時使用された兵器や地下生活の様子を復元した家屋などが展示されている。
 まず敷地内に入ると、ベトナム戦争に関する上映ビデオを10分程度観た後、戦争で実際に使用された各部屋や地下生活の様子を再現した人形、さらにはアメリカ軍の戦車などの展示物を足早に見学していった。ガイドの説明はかなり丁寧で良かったのだが、結構ペースが早かったので写真を撮る時間が十分になかったことが残念であった。
 見学を一通り終えた後は、敷地内の土産物店で休憩となった。土産物店の隣には射撃場があり、大きな音がひっきりなしに鳴り響いていた。実射料金は使用する銃によって異なるが、AK47が1発当たり35,000ドン(約175円)とかなり割高であった。ツアー参加者のうち数名が申し込んでいたようであったが、私はパスした。
 こうして実質2時間程度のツアーはあっという間に終了。ツアー内容としては決して悪くないのだが、やはり見学用に整備され過ぎていることからベトナム戦争の恐怖や悲惨さを伝える歴史資源としてのインパクトには欠けていると言わざるをえない。個人的な総合評価としては、メコンデルタツアーの方が良かった。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/532-1de398a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)