FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

2度の夕食(カンボジア・ベトナム旅行90)

 両替後は、前日訪れた店でマッサージを受けて再度ベンタイン市場付近に戻り、この日1度目の夕食を取ることにした。この時に入った店は、ガイドブックにも掲載されているベンタイン市場付近にあるフエ料理店であった。そして、ここで食べた「コム・ヘン」という料理がベトナム滞在中における断トツのベスト料理であった。
 「コム・ヘン」とは、貝・せんべい・香草・ゴマといった具をご飯に混ぜたフエの家庭料理であり、私が食べたコム・ヘンには豆や干した小魚風の具も含まれた盛り沢山の内容であり、いかにも健康的な庶民料理という感覚であった。このベスト料理とサイゴンビールで7.5万ドン(約375円)はリーズナブルプライスであろう。昼食の失敗を一気に取り戻したと言って良い。
 食後はしばらく市内散策。この日のフライトは23時55分発であるので、ホーチミン空港には21時半までに到着すれば十分である。しかし、時計を見るとまだ19時半である。時間を持て余したことに加えて小腹も空いてきたので、この日2度目の夕食を取ることにした。できれば「パインセオ」と呼ばれるベトナム風お好み焼きを食べたかったのだが、提供してくれそうな店が見当たらなかったので、前日入ったフォーのチェーン店(前日訪れた店とは別の店舗)で、「フォー・ダック・ビエット」という、通常のフォーよりもアップグレードした具沢山の豪華フォーをオーダーした。料金はココナツジュースと合計で10万ドン(約500円)と割高だが、ホーチミン最後の夜にベトナム料理を思う存分堪能できたという点では満足である。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/538-efa5dfc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)