FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

イスタンブール空港(ルーマニア・ハンガリー旅行3)

 フライトは順調であり、定刻1時間前の午前4時にはイスタンブール空港に到着した。次の乗継便搭乗までは約4時間あるので、重い荷物を担ぎながらしばらく同空港内を散策した。
 まず、早朝にもかかわらず結構な利用客がいたことが意外であった。その中には日本人も相当数いたことから、トルコが日本人にとって人気旅行先であることが改めて理解できた。と同時に、この地をこのまま素通りすることが改めて残念に思えた。
 また、早朝にもかかわらず多くの免税店が既に営業しており、その中にはドル・ユーロが利用可能な店舗も相当数あった。これは世界を代表する国際空港であるための大きな要件の一つと言えよう。少なくとも私の眼には、しっかりとした空港であるという印象に映った。
 最後に、空港内の物価の高さが目についた。ファーストフード系のセットメニューが約20トルコリラ(1,000円)など驚きの価格表示であった。早朝で寝ぼけていたので見誤った可能性も決して0ではないが、少なくとも全体的に日本相場とほぼ同様と感じられた。ちなみにこの時、私が喉の渇きに耐えられずに売店で購入した500ml水は、2ドル渡して0.55トルコリラのお釣りであった(日本円で約170円)。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/544-95667a9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)