FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

世界第2位の宮殿(ルーマニア・ハンガリー旅行9)

 「国民の館」は、数少ないブカレスト市内の観光名所の中では必須ポイントと言っても過言ではない。まず驚くのはその巨大さであり、世界の官庁・宮殿の中ではアメリカのペンタゴンに次ぐ規模であるという。最初は周囲を一周しようと試みたが、1辺が1km近くあると思われたことから諦めざるを得なかった。
 館内見学はツアー形式のみであり、所定の時間毎に出発する言語別ツアーに事前予約する方式となっていた。私は11時頃訪問したのだが、街なかの寂しさが嘘のように館内は多くの観光客で溢れ返っていた。やはりどの観光客も本ツアーは外せないと考えているのだろう。
 受付で次のツアー出発時間を確認したところ、最も早いツアーで13時15分発の英語ツアーとのこと。また、ツアー内容は幾つかあったのだが、時間の都合上最もオーソドックスな1時間コースをチョイスした。支払いは隣接する土産物店で済ませることになっており、料金は入場料25レイ+撮影料30レイ=55レイ(約1,650円)と結構な金額であった。 
 ちなみに撮影料は、ルーマニア各都市の観光地において共通する料金体系であり、写真撮影OKな観光スポットの多くが追加料金を支払うことにより撮影を許可するというシステムを採用している。そして、今回のように撮影料が入場料よりも高額であることも決して少なくない。さすがに本館内では追加料金を支払ったが、この撮影料が意外とバカにならないので、この後訪れる観光スポットの多くでは撮影チケットは購入しなかった。
 こうして、ツアー開始までの約2時間は旧市街散策を行うべく館を出発した。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/550-433e61ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)