FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

シナイアの第一印象(ルーマニア・ハンガリー旅行21)

 シナイア駅には予定通り10時過ぎに到着。基本的には大きな問題はないルーマニア鉄道であるが、駅到着前の車内アナウンスがないことはネックである。到着予定時刻の少し前には目を光らせておくことは必須であり、当然眠ってしまうことは許されない。だが、路線によっては、車掌さんが各車両を回って知らせてきたこともあったことから、これは運用に委ねられていると考えられる。
 シナイアは日本で言えば軽井沢的なポジションとなる避暑地ということもあり、風が涼しく感じられた。そして、駅からホテルまでの移動で坂道を上っている最中、凄まじいまでのエンジン音を何度も耳にした。どうやら中心部でカーレースを行っているようである。詳細は不明であるが、かなり大規模に実施されていたことから毎年開催される同地を代表する有名イベント的なレースなのではないか。多くの関係者・ギャラリーが集い、大変な盛り上がりを見せていた。
 こうした喧騒の中を歩くこと約10分。ようやく市街地内の緑豊かな公園に辿り着いた。そして今回宿泊するホテルは、その公園敷地内に立地する白亜造りの立派なホテルである。このホテルの外観の美しさとそれを取り巻く木々の緑を眺めていると、ブカレストとは全く違う国に来たかの錯覚を覚える。事実、ルーマニアを北上していくに従ってその思いは強くなるばかりであり、と同時に、ルーマニアの地方都市の素晴らしさを肌で感ずることができた。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/562-d45ff631
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)