FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

豪華ホテルと思いきや(ルーマニア・ハンガリー旅行22)

 シナイアで宿泊した白亜ホテルの外観の豪華さは前項のとおりだが、宿泊料金は211レイ(約6,300円)と大変リーズナブルである。外観から判断すれば最低でも1万円コースであろうが、実際に宿泊してみるとこのリーズナブル料金に対してはある程度納得がいく。
 その理由は、内部の老朽化が著しい点である。部屋の窓枠や床・壁など至る所に破損や綻びがあり、シャワーの水圧も弱いなど機能面における支障は否めない。機能性を重視する旅行者であれば苦痛に感じるのではないか。しかし、ロビーやレストランの内装は外観に劣らず見事であり、従業員の対応も決して悪くなかったので、私個人の評価としては「再度宿泊しても良いホテル」である。
 ちなみに、この日にこのホテルで昼食を取った時の失敗談を一つ。それは、テラス内の日除け傘のない席に座り、強い日差しと格闘しながらタオルで汗を拭いながら昼食を取ったことである、風が心地よいことに加え、公園内の素晴らしい景観を眺められるベストビュースポットであったので、他にも席はあったにもかかわらず日除け傘については別段意識することなく席を確保してしまった。しかし、14時頃という1日で最も日差しの強い時間帯であることに加えて、こういう時に限って料理のサーブに時間がかかるという運の悪さも手伝って、(途中で席替えしたいとは言えずに)さすがに参ってしまった。
 なお、この時に食した料理は、オレンジジュース+チョルバ・デ・ブイ(スープ)+サトキトゥーラ(肉盛り合わせ)+パン=約50レイ(約1,500円)であり、トキトゥーラの美味さが印象に残っている。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/563-200edb86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)