FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

降り場所を探せ(ルーマニア・ハンガリー旅行27)

 昨日同様に乗り過ごしのないように十分注意し、ブラショフには定刻到着。2等車両は昨日乗車した1等に比べれば客層が若干悪い気はしたが、気にしなければ大きな問題はない。まずは、明日の目的地であるシギショアラ行きの鉄道チケットを購入。料金は、1等IC(特急)で約2時間乗車して73.5レイ(約2,200円)であった。
 ブラショフ駅から市街地までは徒歩での移動は困難な距離であるため、タクシー又はバスを利用することとなり、当然のごとくバスをチョイスした。バス乗り場でチケットを購入し、それをバス内の改札機に通してから乗車するというスタイルは基本的にはブカレストの空港バスと同様である。異なる点は、ICカード式ではないことと片道チケット(2レイ=約60円)が購入可能な点である。
 こうして乗車したバスではあるが、どこで降りるのかについては勘と運に委ねられる。無論、宿泊ホテルに最も近いバス停の名前などわかるはずもなく、それと思しき場所を自身で判断して下車するというケースは、これまでの旅行でも何度かあった。多くの場合、その街を代表する目ぼしい施設などを道標として、後はそこからの方向と距離感で判断していくことになるが、ブラショフにはそうした道標がなかったので降車場所については完全なギャンブルとなる可能性が高かった。これはやはり人に聞くしかないだろうと考えた。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/568-276faccb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)