FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

大量のコヴリッグ(ルーマニア・ハンガリー旅行31)

 城からバス停までの通り沿いには、沢山の土産物店が軒を連ねていた。既に炎天下の1時間待ちの間に遠目で物色していたこともあり、この場で小さな置物とTシャツを購入した。Tシャツは30レイ(約900円)と観光地価格であり、どの店もディスカウントは行っていないように思えた。多くの観光客が食事・散策・買い物を楽しんでおり、なぜドラキュラ城という名の下にここまで人が来るのか改めて不思議に感じられた。
 復路のバスに乗車すべくバス停に戻る途中、コヴリッグというゴマ付の円形パンを売っている店を発見。料金6レイ(約180円)と表示されており少し高いと感じたが、折角なので1セット買ってみることにした。
 しかし、そのボリュームが見かけに反して半端ないものであり、針金で吊るされている小さな円形パンが100個近くあっただろうか。しかも、歯で噛みきれないほどの固さであり、パンというよりも固いスナック菓子を食べている気分であった。味は多少塩気の効いた程度のシンプルテイストであり、お腹にも溜まらないのだが、如何せん凄まじい量であり復路のバス内で食べ続けても一向に減らない。その晩のホテルでも懸命に食べたが、結局半分くらい残してしまった。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/572-8a6f3f7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)