FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

美しい旧市街(ルーマニア・ハンガリー旅行33)

 ホテルで体を休め、少し回復したのを見計らって旧市街地の散策に出かけた。目の前が中心部のスファルトゥルイ広場であるという絶好のロケーションは大変有り難い。ちなみに、このホテルはインターネット上ではかなり評価が高く、実際に宿泊した感想もまさにその評価通りであった。唯一の不満は、その高い期待を更に上回るようなことがなかったという点であり、これはシギショアラの宿泊ホテルとの比較の上での相当ハイレベルな話である。
 この日が月曜日で主だった観光スポットは全てクローズしていることから、この日は各スポットの位置確認及び外観見学と写真撮影だけを行った。第一印象としては、まず街並みの美しさである。後に訪れる世界遺産であるシギショアラに勝るとも劣らぬ素晴らしさであり、私自身今回旅した都市の中ではブラショフが最も良かった。次に、全てのスポットが比較的狭い範囲に集中しており、非常に散策しやすいと感じた。これも街歩きという観点では重要なポイントである。さらに、犯罪・危険というマイナス要素が全く感じられず、適度な数の観光客で賑わうヨーロッパの平和な街という、ルーマニアに対する当初の印象とは全く異なる雰囲気であった点を改めて明確にしておきたい。
 この日の最後は、スファルトゥルイ広場に面したレストランで夕食を取った。ビール+チョルバ・デ・ペリショアレ(肉団子のスープ)+トゥキトゥーラ+パパナッシュ(デザート)=47レイ(約1,410円)。内容的にも十分満足いくものであった。特に、パパナッシュの味は最高であり、甘さたっぷりで体には良くないと知りながら、翌日再度食してしまうほどであった。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/574-793e9f3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)